三国志 THREE KINGDOMS 劉備 曹操 孫権
三国志 THREE KINGDOMS あらすじ




黄巾の乱

桃園の誓い

曹操、董卓暗殺を企てる

美女連環の計

曹操、皇帝を傀儡とする

呂布の死

官渡の戦い
的驢、壇渓を飛ぶ
三顧の礼
長坂橋の戦い

孫劉同盟

赤壁の戦い

司馬懿、周ゆの死、ほう統

渭水の戦い

落鳳坡でほう統が死ぬ

劉備が蜀をとる

定軍山の戦い

劉備、漢中王になる

関羽の死、曹操の死

夷陵の戦い、張飛の死

劉備が死に、劉禅が蜀の皇帝に就く
北伐開始、出師の表

泣いて馬謖を斬る

司馬懿が大都督となる

孔明の死

三国時代の終焉と晋の中華統一





 

曹操、皇帝を傀儡(かいらい)とする

献帝が洛陽で彷徨っていることを知った曹操は、軍師である荀ケ(じゅんいく)の保護の勧めを受け献帝を迎え入れた。
曹操は献帝を擁護する立場となり、大将軍に任命された。
一方、南方では、孫堅の息子である孫策が小覇王と呼ばれるようになった。
勝手に皇帝に即位した袁術は、呂布と同盟して劉備を攻撃し、劉備軍は敗北した。

 

 



 

 



 

copyright(C) 三国志 あらすじ @all rights reserved.