三国志 THREE KINGDOMS 劉備 曹操 孫権
三国志 THREE KINGDOMS あらすじ




黄巾の乱

桃園の誓い

曹操、董卓暗殺を企てる

美女連環の計

曹操、皇帝を傀儡とする

呂布の死

官渡の戦い
的驢、壇渓を飛ぶ
三顧の礼
長坂橋の戦い

孫劉同盟

赤壁の戦い

司馬懿、周ゆの死、ほう統

渭水の戦い

落鳳坡でほう統が死ぬ

劉備が蜀をとる

定軍山の戦い

劉備、漢中王になる

関羽の死、曹操の死

夷陵の戦い、張飛の死

劉備が死に、劉禅が蜀の皇帝に就く
北伐開始、出師の表

泣いて馬謖を斬る

司馬懿が大都督となる

孔明の死

三国時代の終焉と晋の中華統一





美女連環の計

宮中の役人であった王允が、義理の娘である中国四大美女のひとり貂蝉を利用して、董卓配下にあった呂布をそそのかし、董卓を暗殺した。

黄巾賊の残党を討伐した功績が認められた曹操は新たにえん州と青州の長官となり、冀州を手中にしていた袁紹との対立が深まった。

曹操の父である曹嵩(そうすう)が徐州を治めていた陶謙(とうけん)の配下の兵士に殺された。
曹操はこれを理由に徐州に攻め込んだが、留守をしている間にえん州を呂布に占拠された。
引き返した曹操が呂布と睨み合う一方、徐州では陶謙が病死し、劉備がその跡を継いだ。

董卓亡き後、その配下であった李カクと郭は献帝を奪い合って争った。
献帝は超庵を脱出し、楊奉(ようほう)がこれを護衛した。
楊奉は献帝の後を追ってきた李カクと郭の軍と戦うが敗北し、献帝は北方へ逃亡した。

曹操は呂布を三度の戦いで破り、えん州で飢饉が起こるとその期に乗じてえん州を奪い返した。
曹操に敗れた呂布は逃亡して徐州の劉備を頼り、劉備はこれを受け入れた。
南方では袁術が後漢王朝の弱体化に乗じて自ら帝位につくことを企てた。
劉備は袁術討伐に向かうが、戦いの末に破れ、呂布に裏切られ、留守にしていた徐州を奪い取られた。
城を失った劉備は曹操を頼り、新たに豫州(よしゅう)の長官に任命された。

 

王允 : おういん
貂蝉 : ちょうせん

 

 



 

 



 

copyright(C) 三国志 あらすじ @all rights reserved.