宮崎県都城市の都城文化誌『 霧 』(きり)俳句・短歌・詩・随筆・対談文・シナリオ・小説

都城文化誌 霧

都城文化誌『 霧 』のご紹介


 都城文化誌『霧』は、1968年(昭和43年)6月、「誰でも書け、気安く読める文集」をモットーに創刊された文芸同人誌です。創刊者:桑原 啓介、編集者:中山 正道
 都城市・三股町を中心に約50名(県外の方々も含む)の会員からなる「霧之会」が年2回発行しています。橋本耕二
 俳句・短歌・詩・随筆・対談文・台本・紀行文・論文・小説と幅広く、一般の方々の力作ぞろいです。
 50年の歴史の中で、霧関係者から都城市文化賞受賞者19名、みやざき文学賞受賞のべ18名を輩出しました。
 ★「霧之会」は一般社団法人 都城芸術文化協会に所属しております。

都城文化誌 『 霧 』

都城文化誌 『 霧 』 写真は、創刊号になります。

↑ PAGE TOP