【ナカ保険】いつもお世話になっております。保険代理店 有限会社ナカのホームページです。そなえる保険

Life & Business

2017年1月1日、セルフメディケーション税制が開始されました。

2017年1月1日、セルフメディケーション税制が開始されました。

2017年1月1日、セルフメディケーション税制が開始されました。
 風邪薬など薬局で売られている一般用(OTC)医薬品の一部について、購入額に応じて税負担を軽くする「セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)」が1月1日からスタートしました。

 セルフメディケーションとは、健康を自ら守り、軽度の不調は自分で手当てすることです。軽い症状の病気には市販薬の使用を促すことで、国民の健康管理意識を高め、国の医療費も抑制するのがセルフメディケーション税制の狙いのようです。

 対象となるのは、医師の処方箋が必要な医療用から一般用に転用した「スイッチOTC」と呼ばれる商品です。医療機関で実績がある医薬品で、総合感冒薬の「パブロンSゴールドW微粒」(大正製薬)や解熱鎮痛薬の「ロキソニンS」(第一三共ヘルスケア)など、現時点で1555品目あります。

 同税制は、これら対象医薬品に支払った額を所得金額から差し引いて税金の額を計算することで負担を軽くする仕組みです。差し引く額は、1世帯で年間購入額が1万2千円を超えた部分で8万8千円が上限です。レシートや領収証を保管しておいて、確定申告する必要があります。


↑ PAGE TOP