霧島ジオパーク 活性化会議
  ~自然の多様性とそれを育む火山活動~

 


霧島ジオパーク活性化会議規約

 (名称)
第1条 この会議は、霧島ジオパーク活性化会議(以下「会議」という)と称する。

 〈目的〉
第2条 この会議は、霧島ジオパーク地域経済の活性化及び自立的発展に寄与することを目的とする。

 〈事業〉
第3条 この会議は、前条目的を達成する為に次の活動を行うこととする。
  〈1)  市や町、県境の垣根を越えた地域連携の取り組み
  〈2〉  ジオサイトの保全、保護
  〈3〉  霧島ジオパーク地域の情報発信
  〈4)  会員の相互連携
  〈5〉  その他、会議の目的達成に必要な事項

  〈会員〉
第4条 本会議は、第2条の目的に賛同し、入会の承認を受けた個人及び法人並びにその他の団体である会員をもって組織し、
      その会員の種別は次のとおりとする。
  〈1〉 法人会員:霧島ジオパーク推進連絡協議会の民間会員
  〈2〉 個人会員:前号民間会員〈団体〉に所属する個人、学識経験者
  〈3〉 その他の会員:会長が必要であると認める個人または団体
  2 会議の会員は別表のとおりとする。
  3 会長は、入会しようとするものが会議の目的に賛同し、活動及び事業に協力できると認めた、入会を承認し、 次の総会に報告するものとする。

  〈顧問〉
第5条 会議に顧問を置くことが出来る。
  2 顧問は、会長が委嘱し、次の総会に報告するものとする。

 〈役員〉
第6条 会議に次の役員を置く。   
  〈1〉会 長    1名   
  〈2〉副会長    2名   
  〈3〉幹 事    2名
  2  役員は、総会において会員相互の互選により選出する。
  3  会長は、会議を代表し、会務を総理する。
  4  副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるとき、また会長がかけたとき    職務を代行する。  
  5 監事は、会議の会計及び会務を監査する。

 〈役員の任期〉
第7条 役員の任期は2年とする。ただし再任は妨げない
 2 役員はその任期が満了した場合でも、後任者が就任するまでの間は、職務を 行う。
 3 欠員補充のため補充された役員の任期は、前任者の残任期間とする。  

 〈協議〉
第8条 本会議における。協議〈会議〉は、総会及び専門部会とする
 2 月毎の例会や会議を行うことができる。  

 〈総会〉
第9条 総会は、会議の事務の管理及び執行について基本的な事項を決定する
 2 総会は会長が招集する。
 3 会長は年1回定例総会を招集するほか、必要と認めるときは、臨時総会を招集することが出来る。
 4 総会の議長は会長が行うものとする。
 5 総会は会長の過半数の出席〈委任状を含む〉がなければ、成立しない。
 6 議事は、総会出席者の過半数をもって決し可否同数の場合は議長が決する。
 7 総会は、次の事項を審議し、議決する。
  〈1〉 規約の規定、または変更、会議の運営に関すること。
  〈2〉 事業の計画及び実績
  〈3〉 収支予算及び決算
  〈4〉 役員及び顧問の選出
  〈5〉 その他重要な事項

 〈専門部会〉
第10条 専門部を置くことができる  
 2 専門部会は、専門部長が必要に応じて召集するものとする。  
 3 専門部会、企画、防災教育、ジオガイド等の部門とする。  
 4 専門部会は、前項部門において必要事項を協議し、第3条に掲げる活動それぞれ 推進することとする。  

 〈経費及び会計〉
第11条 会議の経費は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。  

 〈事務局〉
第12条 会議の事務を処理する為 えびの市大字末永1489 えびの高原荘  に事務局を置く。

  〈委任〉
13条 この規定に定めるもののほか、会議の会務の執行に関し、必要な事項は会長が定める。

 〈附則〉
この規約は、平成23年 6月 16 日から施行する。




霧島ジオパーク 活性化会議事務局