クラウン レクサス マークX フーガ スカイライン ティアナ レヴォーグ アテンザ アクセラ アコード レガシー CX-5

クルマ買うならあれこれレビュー





RANKING
1  バレーノ BALENO
2  アクセラ AXELA
3  インプレッサ
4  オーリス
5  ジェイド JADE

6 スイフト SWIFT

7 マークX MARK X

8 レヴォーグ

9 プリウス

10 レクサス IS

11 プレミオ/アリオン

12 カローラフィールダー
13 アテンザ

14 ティアナ

15 フリード

16 ルーミー / タンク

17 アベンシス

 

ホンダ ジェイド(HONDA JADE) 

 

 ホンダからジェイドという車が発売されたときには、気にも留めませんでしたし、その後も販売が振るわないというニュースを耳にすれば、それはそうだろうと、納得したものでした。

 あるとき、高速道路のパーキングエリアで、駐車しているジェイドを見て、「あ、かっこいい車だな」と思って、車種を確認したことがあって、それがジェイドで、まあまあいい車なんだなあと思ったのは印象的でした。

 その後、色々と調べているうちに、実はジェイドという車は、ものすごく考えられた、万能の車なのではないかと思うようになりました。

 まず、二列目シートにキャプテンシートを採用しており、二列目に座れるのは二人のみという大胆な設計をとっています。おそらく、最初にジェイドを見た方は、これはないなと思うことでしょう。
 従って、二列目には3人座る事はできないのですが、その代わり3列目があるので、最大で6人座る事ができます。そもそも、仮に二列目に3人座る事ができたとしても、いずれにしろ真ん中に座る人は窮屈ですし、座るとしても子供や小柄の方が真ん中に座る事になります。それでしたら、2列目には二人のみにして、3列目に子供や小柄な人が乗るという選択肢はありのような気がします。

 大人4人と子供2人という6人乗りでしたら、かなりの長距離は難しいとしても、近場の移動は可能のような気がします。例えば、夏休みや正月に親戚が帰ってくるから、その時だけ、ちょっと大人数で乗ることがあるとか。そして、普段は、多くて3、4人乗る、そんな利用の仕方だと、意外といけるのではないかと思えます。

 そして、1人や2人で乗るときには、大変、楽しいドライブフィーリングを体験できるわけです。ジェイドは、動力性能は非常に評価が高く、いわゆるセダンやステーションワゴンのような、安定した走りをさせることができます。

 ジェイドには、ハイブリッドもありますし、ダウンサイジングターボのRSもあります。ただ、全体として金額が高いという印象はあります。ただ、幸いにも不人気車種のため、けっこう値引きを頑張ってくれるということなので、欲しいとなれば、値引き交渉を頑張ってみるのもよいかもしれません。

 それから、エクステリアデザインも、評価は分かれそうです。確かに、レクサスや現在のクラウン、マツダのアテンザなどに比べると、目立つようなデザインではないと思います。ただ、そつなく溶け込むようなデザインで、私個人としては、大変、好感が持てます。


 



 

 



 

copyright(C) クルマ買うならあれこれレビュー @all rights reserved.