クラウン レクサス マークX フーガ スカイライン ティアナ レヴォーグ アテンザ アクセラ アコード レガシー CX-5

クルマ買うならあれこれレビュー





RANKING
1  バレーノ BALENO
2  アクセラ AXELA
3  インプレッサ
4  オーリス
5  ジェイド JADE

6 スイフト SWIFT

7 マークX MARK X

8 レヴォーグ

9 プリウス

10 レクサス IS

11 プレミオ/アリオン

12 カローラフィールダー
13 アテンザ

14 ティアナ

15 フリード

16 ルーミー / タンク

17 アベンシス

 

Mazda AXELA 1500cc(Mazda3)

マツダ アクセラ 1500cc Mazda3

 マツダが、鼓動デザインのこのアクセラを発表したときは、非常に衝撃的でした。今でもアクセラを見かけるたびに、かっこいいなと見とれてしまいます。所有する喜びを感じることの出来る車だと思いますし、好きな車の一つです。ボディカラーも、レッド、ブルーはもちろん、ホワイト、ブラック、シルバーどれもよく栄えると思います。

 

 

 スタイルが抜群にかっこいいこの車、実はエンジンも大変素晴らしいです。
 最近マツダといえば、ディーゼルエンジンが注目されていますが、ガソリンエンジンも非常によいです。
 直列4気筒の1500cc自然吸気のガソリンエンジンで、最大馬力は111(馬力)ps、最大トルクは14.7kです。
 スペック的には高くないですが、坂道でもぐいぐい登ります。
 この1500ccエンジンは、よどみやひっかりがなく、フリクションも小さく、音も小気味よく、びゅんびゅん回るよいエンジンです。エンジンの吹け上がり方、振動のマナー、高回転までまわしたときの気持ちのよさは、このクラスのエンジンとしては、世界的にみても他にないものだといえます。
 アクセラ1500ccのエンジンの気持ちよさは、そのエンジンの軽さだからこそのものだと思います。
 ハイブリッドやディーゼルにはない素のエンジンを楽しめる貴重な車だと思います。

 アクセラ1500ccは、176万400円から購入できるのも大きな魅力です。最近は、軽自動車やコンパクトカーも200万円前後するものもでてきました。そう考えると、アクセラ1500ccは、購入しやすい価格帯だと思います。

 マツダは、小まめに改良を重ね、それを随時投入する印象があり、年々洗練されている感じがします。
マツダコネクト
 ナビ性能が改善されてやっと支障なく使えるレベルになってきました。
アクティブ・ドライビング・ディスプレイ
 運転中であっても視線の移動が少なくて済む以外と役に立つシステム。表示される情報の整理やカラー化などにより、読み取りやすくなりました。
G-ベクタリングコントロール
 ステアリング操作に応じてエンジンの駆動トルクを変化させ、4輪の接地荷重を最適化することでスムーズで効率的な車両挙動を実現する制御技術を搭載しています。
i-アクティブセンス
  交通標識認識システム(TSR)やアダプティブLEDヘッドライト(ALH)を新たに採用しています。
こうした小さな改良を進めてくれるところが非常に好感が持てます。

 

 追記メモ
 この方の試乗レビューは大変参考になりますが、マツダアクセラは2016のカーオブザイヤーに選ばれています。
 https://www.youtube.com/watch?v=nRbo_DaPwSI

 

 近年、ハイブリッド車や電気自動車、ディーゼル車などの登場で、ガソリンエンジン車がメディアで取り上げられることが少なくなりました。またディーラーも新しい商品を紹介するでしょうから、従来のガソリンエンジン車については、私たちが情報を得る機会が少なくなってきているように思います。これだけ、素晴らしいガソリンエンジン車が国内にあるので、是非試乗をしてもらって、この車のよさをわかっていただけたらと思います。

 

 

 

 



 

 



 

copyright(C) クルマ買うならあれこれレビュー @all rights reserved.