クラウン レクサス マークX フーガ スカイライン ティアナ レヴォーグ アテンザ アクセラ アコード レガシー CX-5

クルマ買うならあれこれレビュー





RANKING
1  バレーノ BALENO
2  アクセラ AXELA
3  インプレッサ
4  オーリス
5  ジェイド JADE

6 スイフト SWIFT

7 マークX MARK X

8 レヴォーグ

9 プリウス

10 レクサス IS

11 プレミオ/アリオン

12 カローラフィールダー
13 アテンザ

14 ティアナ

15 フリード

16 ルーミー / タンク

17 アベンシス

 

トヨタ オーリス(TOYOTA AURIS) 

TOYOTA AURIS 1.5

 トヨタが力を入れているはずのハッチバック車オーリスですが、残念ながら日本ではあまりパッとしません。そもそも日本では、ミニバンなどの箱型が人気ですし、ハイブリッドも最近までありませんでしたし、同じくらいのサイズであれば、トヨタだけでもプリウスやカローラフィールダーがあります。
 しかし、オーリスには1.5Lエンジン仕様が178万円からあるので、大人4人がしっかり乗れて、そこそこ燃費もよくて、高速道路なども安定している車がいいというときには、選択肢にあがる一台なのではないかと思います。
 個人的には非常にオススメです。特に現在のモデルになってデザインも非常によくなったと思いますし、プリウスやカローラフィールダーよりもずっとまとまったデザインだと思います。
 他メーカーと比べるとすれば、オーリスの競合車種といえば、マツダアクセラとスバルインプレッサでしょう。
 アクセラも非常によい車だと思いますが、アクセラに比べて、オーリスの長所といえば、後部座席の広さです。オーリスは足元周りや頭上の広さで、アクセラよりも上回っていると思います。後席を重視するとすればオーリスだと思います。
 一方、 インプレッサと比較すれば、インプレッサはオーリスより10センチほど全長が長く、車重も80kg重い、また価格も192万円からと若干高くなります。排気量も1.6Lとなるため自動車税が一クラス上になります。

 アクセラもインプレッサも非常によい車だと思うので、トヨタというブランドにこだわらなければ、どちらもよい選択肢だと思います。
 一方、オーリスはトヨタブランドで安心ですし、最近のトヨタ車のようにフロントの開口部が大きく開いていないのが個人的には好印象ですし、そのおかげで白でも似合っていると思います。それから、9インチのカーナビを搭載できるのもちょっとしたポイントアップです。

 後部座席の居住性は非常に重要ですが、3ナンバーですのでシート幅もあって、後部座席の足元も十分です。また、シートがスポーツタイプのように凹凸がなく、どちらかと言えばフラットなため、後ろに3人乗るときに、真ん中の人が腰高になる事がないのも、実はポイントだと思います。この後部座席の居住性は、軽自動車やコンパクトカーにはない大きなメリットです。
 そして車高が低く3ナンバーによる安定性により、乗り心地も充分満足いくものだと思います。
 ハイブリッドじゃなくてもいい、大人4人がしっかり乗れる車ということでは、本当にすばらしい魅力的な一台だと思います。

 

 

 



 

 



 

copyright(C) クルマ買うならあれこれレビュー @all rights reserved.