クラウン レクサス マークX フーガ スカイライン ティアナ レヴォーグ アテンザ アクセラ アコード レガシー CX-5

クルマ買うならあれこれレビュー





RANKING
1  バレーノ BALENO
2  アクセラ AXELA
3  インプレッサ
4  オーリス
5  ジェイド JADE

6 スイフト SWIFT

7 マークX MARK X

8 レヴォーグ

9 プリウス

10 レクサス IS

11 プレミオ/アリオン

12 カローラフィールダー
13 アテンザ

14 ティアナ

15 フリード

16 ルーミー / タンク

17 アベンシス

 

マツダ アテンザ/アテンザワゴン(MAZDA ATENZA)Mazda6 

 先日、アテンザワゴンの白を交差点の信号で止まっているのをみて、とてもかっこいいと思いました。以前からいいなと思っていましたが、改めて魅力を感じました。

 個人的には、アテンザワゴンのガソリンエンジン2.5Lのホワイトカラーがいいなと思いますが、どの色も魅力的ですし、ディーゼルもさらに良くなってきているようです。

 それから、個人的に好印象なのが、電動パーキングブレーキを採用したことにより、インテリアに高級感が増した事です。その他にもマイナーチェンジを繰り返し、室内は非常に洗練された良いデザインになっています。エクステリアにしてもインテリアにしてもマツダは奇をてらわず本物を目指している感じが非常に好感を持てます。

 車重が1,470〜1,480kgもあるため、ガソリンエンジンを選ぶのであれば2.0Lよりも2.5Lを選んだほうが運転は楽しいのは間違いないでしょうが、25L Packageだと車体価格が336万円と高額になってくるので、悩ましいところです。

 最近のマツダといえばディーゼルですし、トルクフルなエンジンには定評があるので、ディーゼルを選ぶのも一つの選択肢だと思います。

 2016年のマイナーチェンジで、ディーゼルエンジンのアップデートとトルクベクタリングが採用され、アクセラで採用されているピストンピンにダンパーを仕込んだ「ナチュラル・サウンド・スムーザー」と、燃料の噴射時期を0.1ミリ秒単位でコントロールしディーゼルノックの共振を抑える「ナチュラル・サウンド・周波数コントロール」も採用され、静粛性を高めています。そして、「Gベクタリングコントロール」も装備され、カーブの安定性も増しました。アテンザは、改良を繰り返し、成熟を重ねているのが伺えます。

 

 

 

 



 

 



 

copyright(C) クルマ買うならあれこれレビュー @all rights reserved.